GoogleカレンダーとWindowsカレンダーを同期して快適に

知って得する!
Amazonお得情報まとめ【無料キャンペーン・セール・サブスク】2021年10月24日 更新 Amazonお得情報の記事など有益な情報をまとめました。使えば使うほど得する!(随時更新) 【今だけ! ポイント2倍還元キャンペーン 開催中(10/28まで)】 キャンペー...
GoogleカレンダーとWindowsを同期してスケジュール管理する方法

読者の方でスマホやPCのスケジュール機能を使ってる方はどのくらい居るだろうか。自分はこれに慣れてしまってから手書きメモやスケジュール帳は使わなくなった。もう無いと生きていけない。

いずな

予定の前日にアナウンスしてくれたり、30分前、10分前などにも通知してくれたり、スヌーズまで付いてるWindowsカレンダー。便利すぎる!

そんなWindowsカレンダーとGoogleカレンダーを同期することで、最強のスケジュール管理環境を手に入れることができる。

目次

これが実現するよ

Windowsカレンダーに予定を入力

手始めにWindowsカレンダーに予定を入れてみる。

Googleカレンダー

Googleカレンダーに反映される

当然Googleカレンダーにも反映されている。

Androidカレンダー

Androidに反映される

Android端末からも確認できる。

デスクトップ通知

Windows通知

時間が来ると指定通りの方法でデスクトップに通知が来る。

Android通知

Android通知

Androidにも通知が来る

メール通知

メール着信

おまけにメールまで来る。
これだけ通知の応酬がくるのだから流石に見逃すことはないはず。

設定の手順

Windowsにはマイクロソフトアカウントでログイン

Microsoftアカウント

まずはじめに前提として、Windowsには「ローカルアカウント」ではなく「マイクロソフトアカウント」でログインしておこう。名前の下にメールアドレスがあればすでにマイクロソフトアカウントだ。

マイクロソフトアカウントでWindows10にログインする方法はこちらで解説している

カレンダーアプリを確認

Windowsを普通に使っているのであれば、スタートメニューの中に「カレンダー」があるはず。

無ければ「Windowsアクセサリ」の中かもしれない。見つからなければマイクロソフトストアからダウンロードする。

なぜかこのアプリ、カレンダーとメール機能がセットになっていて切り離せないのだけど、不要ならカレンダーだけ使えばヨシ。俺はThunderbirdを使っているのでメールは使用しない。

Windowsアプリ

カレンダーアプリにGoogleアカウントを紐付け

早速、ここからカレンダーアプリの設定について書いていく。

設定

Windowsカレンダー 設定

「設定ボタン」押す

アカウントの管理

Windowsカレンダー アカウントの管理

設定項目が出るので「アカウントの管理」押す

アカウントの追加

Windowsカレンダー アカウントの追加

 「+アカウントの追加」を押す

Googleを選択

Googleを選ぶ

「Google」を選ぶ
(項目にiCloudがあるのでmacやiosも同期できるのかもしれないけど俺は持ってないので知らん)

Googleアカウントを入力

Googleログイン

同期したいGoogleアカウントを入力する。

アクセスのリクエスト

アクセスリクエスト

確認が出るので下へスクロール

リクエスト許可

リクエスト許可

「許可」押す

設定完了

Windowsカレンダー

たったこれだけ。あとは自分のアカウント名にチェックを入れたらGoogleカレンダーの内容がこちらにも表示されているはず。

 

まとめ

便利だから使ってない人はぜひ試してみてほしい。

べつに仕事用途だけじゃなくても、友人との約束や見たいテレビとかイベントなど何にでも使える。

ちなみにWindowsカレンダーを使いたくない場合、Choromeブラウザの通知を「オン」にしておけばGoogleカレンダー単体の通知は来る。だけどブラウザを閉じてバックグラウンドもオフっていたら通知されないと思うので確実性がない。これは致命的なので俺はおすすめしない。

あとは、個人的にWindowsのデスクトップウィジェットが復活してくれれば完璧なんだけどな。

目次
閉じる