Windows11 スタートメニュー・タスクバーが表示されない(開かない)不具合の対処法【最新版】

Windows11

アップグレード・インストールした正式版Windows11のタスクバーが Windows10のタスクバーから置き換わらない(表示されない)バグと、スタートメニューが壊れて表示されない(開かない)バグの対処法を解説。

以前にPreview版 Windows11でも同様のタスクバー関連のバグが頻発していたが、どうやら正式リリース版でも問題は抱えたままのようだ。予想通りこの問題は今後もあとを引くと思われる。

目次

アップグレード後もWindows10のタスクバーが表示される問題の対処法

Windows11にアップグレード後もタスクバーがWindows10の状態から更新されない不具合。あるいはタスクバーが表示されない場合も。対策は更新プログラムを一度アンインストールし、再度インストールする事で解決する。

Windows Update を開く

Windows Update
  • 「設定」 → 「Windows Update」 → 「更新の履歴」
  • 品質更新プログラム下にある「KB5004300」または「KB5005635」の累積更新プログラムを確認する。

更新プログラムをアンインストールする準備

更新プログラムをアンインストールする
  • 下にスクロール、「関連設定」→「更新プログラムをアンインストールする」をクリック

該当する更新プログラムを探す

該当する更新プログラムを探す
  • 「更新プログラムのアンインストール」が開くので、該当する更新プログラムを探す。
    「KB5004300」または「KB5005635」

アンインストールする

アンインストール
  • 右クリックして「アンインストール」実行。これで一旦、更新プログラムは削除される。
  • PCを再起動する。

再起動後、更新プログラムのチェック

更新プログラムのチェック
  • ふたたびWindows Updateを開き「更新プログラムのチェック」をクリック。アップデートが表示された場合、インストールし直す。

以上で正常なWindows11のタスクバーに置き換わっているはず。

タスクバーは正常に表示されたものの、スタートメニューが表示されない場合は次のステップへ。

スタートメニューが表示されない(開かない)不具合の対処法

タスクマネージャーを起動

タスクマネージャー
  • 「Ctrl + Alt + Delete」で「タスク マネージャー」を起動。
  • 「ファイル」→「新しいタスクの実行」

新しいタスクの作成

新しいタスクの作成
  • ボックスに「powershell」と入力。
  • 「このタスクに管理者権限を付与して作成します。」にチェック。
  • 「OK」をクリック。

PowerShell

PowerShell
  • PowerShellが起動。
  • 以下のコマンドをコピペして「Enter」
Get-appxpackage -all *shellexperience* -packagetype bundle |% {add-appxpackage -register -disabledevelopmentmode ($_.installlocation + "\appxmetadata\appxbundlemanifest.xml")}
  • 指示を完了させ、PCを再起動する。以上。

それでも解決しない場合

それでも解決しない場合は、新たに管理者権限を持つローカルアカウントを作成し、その新アカウントに移行することでいちおう解決はできる。この方法は以前にも最終手段として紹介されていたが、移行の手間を考えたらクリーンインストールした方が精神衛生上も良い気がする。一応手順を書いておく

Windows11 新たなローカルアカウントの作成方法

設定

設定画面

「設定」 → 「アカウント」 → 「家族とその他のユーザー」

家族とその他のユーザー

家族とその他のユーザー 画面

「アカウントの追加」クリック

Microsoft アカウント

Microsoft アカウント 画面

「このユーザーのサインイン情報がありません」クリック

アカウントの作成

アカウントの作成 画面

「Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する」クリック

このPCのユーザーを作成します

このPCのユーザーを作成します

新たに作成する「ユーザー名」を入力

家族とその他のユーザー

家族とその他のユーザー 画面

作成されたユーザーをクリック

アカウントの種類の変更

アカウントの種類の変更

「アカウントの種類の変更」クリック

管理者アカウントへ変更

アカウント種類の変更

「アカウントの種類」から「管理者」を選択

「OK」をクリックで新たな管理者権限を持つアカウントが出来た。ログアウトした後、新たなユーザーでログインすると症状は出ないはず。

最後に

一連の「タスクバー・スタートメニュー」問題は、アップグレードインストール時に発生する。

この症状はWindows11をクリーンインストールした際には発生しないので、やはりクリーンインストールが最善の解決策となってしまう。最終手段として考えておこう。

目次
閉じる