Windows11 Build 22000.184 (KB5005642) リリース Insider Preview

知って得する!
Amazonお得情報まとめ【無料キャンペーン・セール・サブスク】2021年10月24日 更新 Amazonお得情報の記事など有益な情報をまとめました。使えば使うほど得する!(随時更新) 【今だけ! ポイント2倍還元キャンペーン 開催中(10/28まで)】 キャンペー...
Windows11 Build 22000.184

Windows 11 Insider Preview Betaチャンネル及び Release Preview チャンネルにてビルド 22000.184 (KB5005642) がリリースされた。

Windowsバージョン表示
KB5005642

基本的にウチの環境では10月5日の Windows 11 正式リリースに向けてベータチャンネルの運用に切り替えている。

Devチャンネルのビルド22454については巻末にて紹介。

目次

Build 22000.184 修正点

  • 新Windows HelloのOOBEが英語以外の翻訳に正式対応。
  • Windows11のUIで言語の翻訳が不完全であったものを修正した。

既知の問題点

全般

  • SurfaceProXで「WHEA_UNCORRECTABLE_ERROR」によるバグチェックが発生(修正中)
  • タスクバーとスタートメニューが機能しない恐れがある。(修復方法は以下の記事で解説)

スタートメニュー

  • スタートメニューの検索ボックス、あるいはタスクバー使用中にテキスト入力できないことがある。問題が発生した場合「Win+R」押下して「実行」ダイアログボックスを起動してから閉じる。
  • 検索ボックスが黒く表示され、コンテンツが表示されない場合がある。

ウィジェット

  • ウィジェットボードが空の場合がある。問題が発生した場合、一度サインアウトして再度サインインする。
  • ウィジェットボードがセカンダリモニターで間違ったサイズで表示される場合がある。問題が発生した場合「Win+W」で閉じた後、セカンダリモニターで再度ウィジェットを起動する。

サンドボックス

  • サンドボックス内ではタスクバーのスイッチャーアイコンをクリックした後、言語入力スイッチャーが起動しない。回避策は、以下のショートカットで入力切替する。「Alt+Shift」「Ctrl+Shift」または「Win+Space」(フルスクリーン時のみ)
  • タスクバーのIMEアイコンをクリックした後、コンテキストメニューが表示しない。解決法は「設定」→「時間と言語」→「言語と地域」→(日本語)3点リーダ→言語オプション→(Microsoft IME)3点リーダ→キーボードオプションからIME設定にアクセス。
  • オプションで代替UIであるIMEツールバーを有効にして、特定の機能を素早く呼び出すこともできる。上から続けて、「キーボードオプション」→「外観」→「IMEツールバーを使用」に移動。
  • IMEでサポートされている各言語に関連付けられた固有のハードウェア、ショートカットを使用する。

Build 22454(Dev チャンネル)

変更と改善点

  • デスクトップのごみ箱を右クリックすると、新しい最新のコンテキストメニューが使用されるようになりました。
  • ファイルエクスプローラーでネットワーク共有を右クリックして「その他のオプションを表示」をクリックせずにクイックアクセスに固定するオプションを追加しました。
  • Windows Insiderのフィードバックに基づいて調整された、韓国語IMEの更新バージョンのリリースを開始しました。これにより、Windows 11での韓国語の入力エクスペリエンスがより信頼できるものになると確信しています。韓国語IMEの更新バージョンは、候補ウィンドウにアクリル、新しい選択ビジュアル、ダークモードのサポートを備えたWindows11の新しいビジュアルデザインに従います。また、パフォーマンスと互換性が向上します。更新された韓国のIMEは、パフォーマンスと信頼性に影響を与える可能性のある問題をすばやく特定できるように、最初にDevChannelのInsiderのサブセットに展開されます。時間の経過とともに、開発チャネルのすべての人に展開されます。「入力と言語」→「テキスト入力」のフィードバックハブからフィードバックを提出してください。

 

目次
閉じる